スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おて!!

今日もトレーニングをしていると、見ていた母が「おてをさせたい!」というので、おてを教え始めました。

こういった「おて」などは実はとても重要で、トレーニングに対してのモチベーションが犬はもちろんのこと飼い主も高まります。

ずっとお堅いトレーニングだけでは人も犬も飽きてしまい、トレーニング自体が続かなくなってしまいます。

実際、母にやり方を教え一緒にトレーニングしたのですが、とても楽しそうにしてくれました。

トレーニングしていて、上手くいかないときも絶対あります。そんなときイライラして犬や自分を責める前に、こういった楽しくできるトレーニングをして一端リフレッシュするのも良いと思います。

犬にも人にも良いトレーニングライフを!!


無料出張トレーニング行っています。どんな小さなことでもかまいません。何かあればご一報を。


スポンサーサイト

待てその②

おすわり状態での待てがだいぶ出来てきたので、平行してフセでの待ても練習中です。

CIMG0147.jpg


フセは、おすわりの状態より犬にとって楽な姿勢なので長時間待たせるのに向いています。

ドッグカフェなどで重宝すると思います。

やはりおすわりと体勢が変わるため、おすわり待てより短い時間しかまだ出来ません。

またゆっくりとベルと楽しみながら教えていこうと思います。

みなさんのワンちゃんは「待て」出来ますか?

「待て」を教える時は、「ふせ」の状態での「待て」と「おすわり」の状態での「待て」両方教えると良いですよ。
ふせの状態での待ては、犬にとって楽な姿勢であるため、長時間待たせる時に有効です。ドッグカフェなどではこちらの方で。
逆におすわりでの待ては短い時間待たせるときに良いです。信号待ちやウンチの処理中などですね。

ベルもただいま絶賛練習中!
CIMG0137.jpg

まずは目標一分不動で出来るようにしたいです。
現在安定して40秒はいけます!

この待ての練習をするときに重要なのが、「ランダムに時間を伸ばす」ことです。
最初3秒、次5秒、4秒、8秒、2秒・・・・・・など犬が失敗しないレベルでランダムに、少しずつ伸ばしましょう。
そうすることで、いつご褒美がもらえるかわからないので犬の集中が続きやすくなります。
いきなり30秒!など一気に伸ばさず、出来るところからやっていきましょう!

プロフィール

KASAHARA

Author:KASAHARA
神奈川県横浜市在住のドッグトレーナーを目指して日々勉強の身です。現在愛犬のベルを迎えて、てんやわんやの毎日。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
かうんたー
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。